乳液でむにむに

みなさん、乳液って使っていますか?洗顔してさっぱりした顔がぺとぺとするのが嫌で、持ってるけど使ってないのよね〜…という方は結構多いんじゃないかと思います。でもでも!乳液には大切な役割があるんですよ。
人間のお肌には、「皮脂膜」というお肌の潤いを逃がさないための天然のバリア機能が備わっています。皮脂膜は汗と皮脂が混ざり合って出来ています。ところがクレンジングや洗顔をすると、含まれている合成活面活性剤の影響でお肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまい、この皮脂膜がきちんと機能しなくなってしまう事が多いんです。すると、化粧水でいくら水分を補給してもすぐに水分が逃げて乾燥してしまいます。乳液は、この皮脂膜と同じ役割をしてくれるもので、お肌に水分をとどめる重要な仕事をしてくれるんです。…どうです?乳液の必要性がわかっていただけましたか?
化粧水=水分の補給、乳液=油分の補給と考えていただけるとわかりやすいと思います。皮脂の分泌が盛んな若い人は、あっさりさらっとした使用感のものを、少し年齢を重ねている人はしっかり使用感のあるものを選ぶと、トラブルなく効果的に乳液を使用することが出来ますよ。乳液にはお肌を柔らかくする効果もあるので、しっかり使ってプルプルお肌を手に入れましょう♪